トップページ
(負荷軽減のため省略中)
[2019/12/5 - 07:58 ]

【メキシコ1部リーグ前期プレーオフ準々決勝第2戦】


11/30 19:00K.O.(日本時間翌10:00)
 レオン  1 - 2  モレリア 
I・ソサ 52' 1 - 0  
  1 - 1 67' サンソレス
  1 - 2 72' フロレス
レオン
コタ;ナバーロ、テシージョ、M・エレーラ、R・ゴンサレス、L・モンテス(61分カルドナ)、メナ、オチョア(75分レオナルド・ラモス)、メネセス、I・ソサ(79分キャンベル)、マシアス

モレリア
S・ソサ;ベラルデ、ベガス、J・マルティネス、オスーナ(56分サンソレス)、フロレス、オルティス、ミジャル、メンドサ(90分レシュボル)、ロチャ、アリステギエタ(90分レスカノ)
観客:22872人 2試合合計5-4でモレリアが準決勝へ


11/30 21:05K.O.(日本時間翌12:05)
 ケレタロ  2 - 3  ネカクサ 
M・ルイス 4' 1 - 0  
ルクミ 17' 2 - 0  
  2 - 1 79' カルデロン
  2 - 2 86' ガジェゴス
  2 - 3 90' サラス
ケレタロ
アルカラ;ロモ(45分)、カデーテ、アボアジェ(46分アレジャノ)、シエラ、ルクミ、エスコボサ、J・ゴメス、M・ルイス(72分コルティソ)、ロバ、デル・バジェ(59分F・カスティージョ)

ネカクサ
H・ゴンサレス;ペニャ、F・メサ、ガジェゴス(90分サラス)、ノヤ、カルデロン、アングロ(90分E・エレーラ)、チャベス、バエサ、キロガ、デルガド(70分メルカド)
観客:23827人 2試合合計6-2でネカクサが準決勝へ


12/1 19:00K.O.(日本時間翌10:00)
 サントス・ラグーナ  1 - 1  モンテレイ 
B・ロサノ 20' 1 - 0  
  1 - 1 57' ヤンセン
サントス・ラグーナ
オロスコ;アベージャ、トーレス、アルテアガ、ドリア、バルデス、ゴリアラン、B・ロサノ、リバス(69分リベロ)、フルチ、E・カスティージョ

モンテレイ
バロベロ;C・モンテス、N・サンチェス、バンジョーニ、ガジャルド、メディナ、C・オルティス、C・ロドリゲス、メサ(46分ラユン)、パボン(71分ピサーロ)、ヤンセン(89分バサンタ)
観客:25692人 2試合合計6-3でモンテレイが準決勝へ


12/1 21:00K.O.(日本時間翌12:00)
 ティグレスUANL  2 - 4  クラブ・アメリカ 
  0 - 1 22' ビニャス
  0 - 2 32' G・ロドリゲス
  0 - 3 45' G・ドス・サントス
アキーノ 57' 1 - 3  
ジニャク 71' 2 - 3  
  2 - 4 81' アギレラ(PK)
ティグレスUANL
グスマン;D・レジェス、H・アヤラ(28分サルセド)、トーレス・ニロ(46分L・キニョネス)、ラファエウ・カリオカ、G・ピサーロ、アキーノ、L・ロドリゲス、ドゥエニャス、ジニャク、E・バレンシア

クラブ・アメリカ
オチョア;J・サンチェス、バルデス、アギレラ、アギラル、G・ロドリゲス、イバルグエン(87分F・ゴンサレス)、R・サンチェス、G・ドス・サントス(66分イバーラ)、マルティン(78分R・マルティネス)、ビニャス
観客:41615人 2試合合計5-4でクラブ・アメリカが準決勝へ





このトピックへのコメント:
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(12/02 - 14:06) ちなみにモンテレイが決勝進出した場合には、クラブワールドカップ参戦が終わってから改めて決勝戦。
(12/02 - 13:56) 準決勝は、モンテレイ対ネカクサとアメリカ対モレリア。
(12/02 - 13:55) せっかくアキノとジニャックのゴールで1点差まで追い詰めたのに、ナウエル・グスマンの拙いゴールキックからまたもやサルセドが要らないペナルティキックを献上してしまい、万事休す。
(12/02 - 13:02) これでティグレスはアウェイゴールを3点決められたので、最低でも3点が必要に。センターバックのウーゴ・アジャラが負傷退場し、カルロス・サルセドが出場せざるを得ない展開が完全に裏目に。ユルゲン・ダムがファーストレグで負傷しただけに、残るカードはキニョネスぐらいか。
(12/02 - 12:59) クラブ・アメリカが圧倒的なプレスを掛けて、前半だけで3得点。ティグレスは正ゴールキーパーであるナウエル・グスマンがスタメン出場したが、完全によそ行きのサッカーをしている。失点は全て集中力不足から、フリーキックからのヘディングとコーナーキックからのこぼれ球。そしてキーパーが飛び出した隙に、センタリングを押し込まれて
(12/02 - 12:04) さてセカンドレグ最後の試合が、昨シーズンリーグ王者・ティグレスのホームゲーム。クラブ・アメリカは、このメキシコで最も難しいと言われるスタジアムで、2点以上を挙げられるか?
(12/02 - 12:01) これで10シーズン連続で、レギュラーシーズン首位のチームがリギージャ敗退。最後にリーグ優勝したのが、現在モンテレイの監督であるアントニオ・モハメド。やはりこの監督は、メキシコサッカー1部リーグがどういうものか?を熟知している。
(12/02 - 11:58) しかしモンテレイがカウンターで1点を返して、全てが万事休す。ギジェルモ・アルマダはリギージャ初参戦で大丈夫か?という質問をファーストレグ前に報道陣からされていたが、要するにレギュラーシーズンとリギージャの戦い方は全く違う、あれだけ良いサッカーをしていても、キチンとローテーションをしないと実力を充分に発揮出来ない。
(12/02 - 11:11) 対するモンテレイは、チーム得点王のフネス・モリはベンチ入りもしていないのは、負傷が癒えていない様子。ゲームメーカーのロドルフォ・ピサロもスタメンで出場していないところを見ると、温存というより最終節で負傷した影響が大きいのでは。
(12/02 - 11:08) レギュラーシーズン首位だったサントス・ラグーナは、3点ビハインド。前半1点を返したが、残り45分であと2点を追い付けるか?
(12/01 - 14:09) 逆にネカクサはベンチに温存していたもう1人の得点源であるサラスが、後半途中出場してしっかり得点を決めダメ押し。終わってみればレギュラーシーズンを通して良いサッカーを展開したネカクサが、一枚も二枚も上だった。
(12/01 - 14:06) 2点目を挙げた時点であと1点取れば準決勝進出だったのに、不用意なファウルで退場者を出し数的不利に。おまけに後半に入って逆に失点してしまい、アウェイゴールのため3点ビハインドとなり万事休す。
(12/01 - 12:18) ケレタロはファーストレグの3点ビハインドを覆すべく、前線を3トップにして前半早くも、先制。マルセル・ルイスをファーストレグに温存させた効果を見せる辺り、さすがは名将ブセティッチ。
(12/01 - 12:13) レオンは昨シーズン準優勝したけど、今シーズンは終盤になってその勢いが無くなった。モスケラの離脱は守備陣の安定を欠いたが、それ以前に自慢の攻撃に冴えが無かった。セカンドレグのホームゲームで負けてリギージャ敗退は、その際たる所以だろう。