トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2017年09月12日 - 00:15 ]

【『三度目の殺人』、是枝裕和が描く“法廷”とは】

■ [映画.com ニュース] 第74回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出された是枝裕和監督の最新作「三度目の殺人」が、9月9日から全国315スクリーンで封切られ、幸先の良い滑り出しをきった。近年、「奇跡」「そして父になる」「海街diary」「海よりもまだ深く」とホームドラマを手がけ続けてきた是枝監督が、新作に法廷ものを選んだ真意を映画.comに語った。(取材・文・写真/編集部)

是枝監督は今作を製作するに際し、当初から「司法制度の存在そのものを否定するつもりはありませんが、果たして人は人を裁けるのか」を追求する姿勢を打ち出していた。そのため裁判を傍聴することはもちろん、1年以上にわたり弁護士への取材を敢行。さらに作品の設定通りに弁護側、検察側、裁判官、犯人に分かれて模擬裁判を実施し、ここで出てきたリアルな反応や言動を脚本に落とし込んでいった。

協力を仰ぐ弁護士からは「日本の法廷のシステムでは、どんでん返しはありません」と言われたという。それもそのはずで、「公判をするには、どういう趣旨で誰を呼んでどんな証言をさせるかという公判前整理手続きをやり、検察側も弁護側も手の内を見せてしまう。すると、落としどころが見えちゃうんですよ。だから急に後ろの扉が開いて新証言、新証人が飛び込んでくるというのは、システムとしてありえない」。

取材期間で感じたのは、「非常に不完全な人たちが集まって司法を担っているわけですが、判決は絶対的なものが出るという根本的な怖さ」について。それだけに、「それを知らないうちに許容している私たちに対して、ちょっとゾッとする感じを残したいなと思ったんです」と明かす。弁護士たちとの対話でも、驚くことは少なくなかった。

「弁護士さんたちから『法廷は別に真実を究明する場所ではないですし、私たちには真実は分かりませんから』という話が出てきたとき、『じゃあ何をする場所なんですか?』と聞いたら、『利害調整をする場所です』と。もちろん、彼らが民事を中心に仕事をされておられる方々だったから、余計にそういう認識の仕方をしていったんでしょうね。刑事事件の場合、都合が悪ければ被告には黙秘権があるわけですから、話さなくてもいいという前提で論戦するわけで、それは明らかに真実を究明しようとはしていない。ああ、なるほどと思いました。ただ一般的に当事者であれば、真実を明らかにしてほしいですよね。日本の場合は特に。だけど、それは人が人に対して期待するにしては、ちょっと荷が重いんじゃないかなって感じもするんですよ。それもあって、真実が分からないまま主人公が投げ出される感じを描こうかなと考えました」

映画は、勝利至上主義の弁護士・重盛(福山雅治)が30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を“負け戦”と覚悟しながら引き受けるが、供述が二転三転するため、接見するたびに確信が揺らいでいく。やがて、三隅と被害者の娘・咲江(広瀬すず)との接点に気付くことで、新たな事実に直面する。

初共演となった福山と役所という組み合わせが、今作に絶妙というべき緊張感をもたらしている。同郷(長崎県)の先輩・後輩ではあるが、百戦錬磨の“巨星”役所が是枝監督とともに、いかにして福山をいじめ抜くか……。福山本人は「気持ちよくいじめて頂いた」と爽快な表情を浮かべていたが、本編では三隅に扮した役所の“曖昧さ”に重盛であり、福山が翻ろうされていくさまが描かれている。

福山が弁護士役というと、いわゆるステレオタイプのスマートな弁護士をイメージしがちだが、そんな姿は微塵もない。ここにも、是枝監督の徹底した取材が反映されている。脚本は弁護士に目を通してもらっているそうで、「『こういう言葉遣いはしない』とか、『弁護士という生き物は、こういう思考のプロセスは持たない。ここに疑問は持たないが、ここには絶対にこだわる』って言われるんですよ。それはすごく面白くてね、であるならば書き直そうという気持ちになる」とクランクイン前に語っている。法廷のシーンを撮影していた現場でも、現役で活躍する弁護士数名が弁論に立つ福山の姿をモニターで見ながら、「何年やってもなかなかあんなに堂々と振舞えないんだよなあ」とぼやき、苦笑するひと幕を垣間見た。是枝組の現場は、どこまでも“誤魔化し”や“嘘”がない。


続きあり。全文は以下で
http://eiga.com/l/ViuZS

予告編
https://youtube.com/watch?v=znX_FGhGBBo



スレッド作成者: イサオ (1gxzy6LRP62)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
Revigo (09/12 - 23:26) それは多分あまり変わらないと思います(笑)
イサオ (09/12 - 22:55) おっ、マジか。フォリへのアクセスも減るかな?
イサオ (09/12 - 22:55) おっ、マジか。フォリへのアクセスも減るかな?
Revigo (09/12 - 22:36) スレ違いだった
Revigo (09/12 - 22:35) 我がTwitter、未だツイート「0」
Revigo (09/12 - 21:56) イサオさんの仰る「時期的な安心感」に加え、11月中旬くらいまで個人的にプライベート事情がバタバタする予定でして。その間サッカー現地観戦もままならない
イサオ (09/12 - 21:51) そうだな。混雑も解消し始めるし、それくらいの時期だと評価も定まってきてるはず。まぁ『ミックス。』は大コケは無さそうな雰囲気だ。まぁ、映画館も良いけど、この間の『二重生活』みたいにふと深夜に目に留まるような映画も良いよね。俺は狙ってばかりで久しくそういう出会いが無かったから、ちょっと羨ましかったな。
イサオ (09/12 - 21:51) そうだな。混雑も解消し始めるし、それくらいの時期だと評価も定まってきてるはず。まぁ『ミックス。』は大コケは無さそうな雰囲気だ。まぁ、映画館も良いけど、この間の『二重生活』みたいにふと深夜に目に留まるような映画も良いよね。俺は狙ってばかりで久しくそういう出会いが無かったから、ちょっと羨ましかったな。
Revigo (09/12 - 21:39) うーん、かなり映画熱上がってきてしまったぞ。10/21公開か…1か月後くらいが狙い目かな
イサオ (09/12 - 21:21) 生瀬勝久まで出るのか(笑)『リーガルハイ』みたく、役者陣が楽しそうに演じてるのが良いね。この短い予告編からでもそれは伝わってくる。
イサオ (09/12 - 21:21) 生瀬勝久まで出るのか(笑)『リーガルハイ』みたく、役者陣が楽しそうに演じてるのが良いね。この短い予告編からでもそれは伝わってくる。
Revigo (09/12 - 20:46) サイトのトップ画像で誰かわからんのが一人いると思ったら生瀬勝久だったでござる
イサオ (09/12 - 20:32) そういえば広末も出てるな(笑) https://youtube.com/watch?v=tR2GLIq1Ba0
イサオ (09/12 - 20:30) 『ミックス。』は少女漫画とかの実写かと一瞬思ったが、完全オリジナルっぽいな。卓球ロマコメらしい(笑)どんなドタバタ劇になるのやら。でも古沢良太ならきっと面白い脚本を仕上げてるんだろうなぁ。
イサオ (09/12 - 20:30) 『ミックス。』は少女漫画とかの実写かと一瞬思ったが、完全オリジナルっぽいな。卓球ロマコメらしい(笑)どんなドタバタ劇になるのやら。でも古沢良太ならきっと面白い脚本を仕上げてるんだろうなぁ。
Revigo (09/12 - 20:26) 良さそうというかかなり目が散りそうなほど出演陣が豪華ですな
Revigo (09/12 - 20:23) 映画方面のアンテナが低い私には『ミックス。』は初耳でした。これはこれで良さそう…
Revigo (09/12 - 20:19) 『三度目の殺人』は可能なら劇場に行きたいと思わせる。まぁ相談かな。
イサオ (09/12 - 20:03) そういや古沢良太×新垣結衣の『ミックス。』も来月公開なので、俺はこれも注目してる。共演は瑛太だけど、『リーガルハイ』のような掛け合いはあったりするのだろうか。WOWOWだと、『三度目の殺人』『ミックス。』の放映は来年の秋冬かな。是非お楽しみに。
イサオ (09/12 - 20:03) そういや古沢良太×新垣結衣の『ミックス。』も来月公開なので、俺はこれも注目してる。共演は瑛太だけど、『リーガルハイ』のような掛け合いはあったりするのだろうか。WOWOWだと、『三度目の殺人』『ミックス。』の放映は来年の秋冬かな。是非お楽しみに。
イサオ (09/12 - 20:02) お、Revigoさんだ。届いて良かった。実際観たあとも、同じ感想を持ったよ。極力リアリティに努めようする『三度目の殺人』と、コミカルかつシニカルな『リーガルハイ』。切り口こそ違えど、制作側の司法や裁判というものの捉え方は似てるなと。まず前提として、法廷を単なるエンタメのスポットとしていないところに好感を持てるね。
イサオ (09/12 - 20:02) お、Revigoさんだ。届いて良かった。実際観たあとも、同じ感想を持ったよ。極力リアリティに努めようする『三度目の殺人』と、コミカルかつシニカルな『リーガルハイ』。切り口こそ違えど、制作側の司法や裁判というものの捉え方は似てるなと。まず前提として、法廷を単なるエンタメのスポットとしていないところに好感を持てるね。
Revigo (09/12 - 19:25) 遅レスですが面白そうだ。『リーガルハイ』はコミカルかつシニカルに法廷の場を切り取っていたけど、この映画の目指すところはまた違う。ただ、そこまで遠くもなさそう。
アルファラジュ (09/12 - 13:20) 糞スレ立てんなカス死ね
(09/12 - 12:57) ワロタ
アルファラジュ (09/12 - 06:12) 糞スレの末路ですねぇw早く自害してくださいw
(09/12 - 05:52) 死ね死ね死ね〜
(09/12 - 05:51) 自殺実況やったらエンタメとして認める
(09/12 - 05:51) イサオ自殺しろ。お前はこのサイトの癌
アルファラジュ (09/12 - 03:01) イサオが好き勝手やり始めたから管理人がキレて重くしたんだろ。責任取って死ね
(09/12 - 02:13) イサオ死ね
(09/12 - 01:17) フォリから出てけ。女々しいんだよ!!!
(09/12 - 00:39) いい映画だったが、いい加減しつこい。
アルファラジュ (09/12 - 00:19) 糞スレ立てんなカス死ね