トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2019年01月08日 - 15:14 ]

【川口、小笠原、中澤に続き楢崎正剛も現役を引退】


名古屋グランパスは8日、元日本代表GK楢崎正剛が現役を引退することを発表した。

楢崎は1995年に奈良育英高校から横浜フリューゲルスに入団。その後、1999年に名古屋に加入すると、2010年にはクラブ史上初となるJ1リーグ優勝を達成し、自身も同年のJリーグMVPを獲得した。日本代表としては通算79試合に出場し、4度のワールドカップを経験している。

「2018シーズンをもって24年の選手生活を終えることになりました。新しい年になり、新シーズンへ向けてスタートを切ろうとするこの時期にこのような発表になったこと、最後にゴールマウスの前でプレーする姿をお見せできず終わってしまったことを、申し訳なく思います。横浜での4年、名古屋での20年、良いことも悪いことも全てが夢のような経験、最高のサッカー人生で後悔はありません。

2つの愛するクラブ、横浜フリューゲルスと名古屋グランパスで一緒にプレーした全ての選手、現場のスタッフ、クラブスタッフ、関係者の皆さん、また、長くプレーしてきた日本代表においてもともに闘った仲間やスタッフ、協会関係者の方々。いつも支援していただいたパートナー企業の皆さん。多くの皆さんのおかげでここまでプレーすることができました。その全ての方たちから刺激をもらい成長させてもらえたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

そして何より、新人だった頃から応援してくれたフリューゲルスサポーター、99年に移籍してきた不器用で若かった僕を受け入れ、信頼して、愛してくれた名古屋グランパスのサポーターの皆さんにはいくら感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

これからはプレーヤーとしてではなく、違った形でクラブや日本のサッカーの発展のために力を尽くせていけたらと思っています。24年間多くのご声援をいただき本当にありがとうございました」

昨シーズン終了をもって元日本代表GK川口能活が現役を引退。長きに渡り日本のGK界をけん引してきた2人がピッチを去ることとなった。



スレッド作成者: 1つの時代が終わった (Q6eqwUctfHw)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(01/11 - 11:54) アンディ・マレーも現役を引退
(01/09 - 09:57) お疲れさまでした 大好きな選手だった
(01/09 - 02:21) 川口の引退も関係してるだろうな。ライバルがいなくなってプツリと糸が切れたのかも。
(01/08 - 23:39) 『前所属:横浜フリューゲルス』を果たしたか・・・お疲れ様でした
(01/08 - 23:29) 俺は楢崎派だった
(01/08 - 20:57) 辞めるなら年内に辞めて新たな気持ちで正月を迎えたいと思ってしまうのだが、新年のスタートに発表ってなんか嫌
(01/08 - 19:27) 枠拡大関係なく、年齢やら最近の出場状況見れば不思議じゃないだろ
(01/08 - 19:06) 西野カナも活動休止
(01/08 - 18:57) むしろ、こんなに長くやると思わなかった。70年代生まれの代表選手は息長い人多いな
まりお (01/08 - 18:08) お疲れ様でした。多分外国人枠の拡大というのも、引退ラッシュの背景にはあるのかな。
(01/08 - 17:38) 寂しいね。
(01/08 - 16:26) 今日引退多過ぎやろ
(01/08 - 16:20) 川口と同じ年に引退か。感慨深いな
(01/08 - 16:20) ワールドカップで代表を率いた日本人監督、岡田、西野、そして現職の森保ですら現役時代にワールドカップを経験してない。引退発表した川口、小笠原、中澤、楢崎らワールドカップ経験者が指導者になれば、伝える物も違ってくる。そこに期待したい。サプライズで川口を見送った楢崎にはあと1年頑張って欲しかった
(01/08 - 16:07) 吉田沙保里も現役を引退