トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2019年02月11日 - 00:51 ]

【甲府、名古屋、大分でプレーしたダニエル 36歳で死去】

■ 元Jリーガーのダニエル氏が36歳で死去した。ブラジル『グローボ』が伝えている。

 1982年5月30日生まれのダニエル氏は、母国カボフリエンセでプロ生活をスタートさせると、2009年にヴァンフォーレ甲府に期限付き移籍。翌2010年に完全移籍を果たし、2012年に名古屋グランパス、その後一度ブラジルへと戻り、2014年9月から大分トリニータでプレーしていた。

 そして、癌と診断されたことを受け、大分に所属していた2016シーズン限りで現役を引退。闘病生活を続けながら、2018年には古巣カボフリエンセでU-17のコーチに就任し、指導者として活動していた。しかし、闘病生活もむなしく、10日の朝に死亡が確認されたという。



https://web.gekisaka.jp/news/amp/?265866-265866-fl&265866-265866-fl=&__twitter_impression=true



スレッド作成者:   (I299WkpQlow / zLD.CLdkhwo)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(02/11 - 09:03) ご冥福をお祈り申し上げます。
(02/11 - 06:50) そりゃ日本にいたら放射能だらけだもんな