トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2019年04月12日 - 17:54 ]

【ヨーロッパで成功できないアジア人選手】

■ の要因ランキング

1.サッカーの実力
2.フィジカルの強さ
3.語学力
4.戦術との相性
5.監督との相性
6.コミュニケーション力
7.現地文化への適応
8.人種差別
9.メンタル
10.プライベートの充実



スレッド作成者: 平山相太 (XIzDnlxsifg)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(04/13 - 08:33) 実力不足を要因に挙げるくらいなら、実力に見合ったリーグ、クラブを選択できなかったことを挙げるべき。日本よりレベルが上のリーグもあれば下のリーグもあるんだから。
(04/13 - 08:30) つまり、サッカーの実力なんてのはどこの地域、国に行っても一律同条件なわけで、その実力を十分に発揮できない要因がヨーロッパという地域で何かあるってことだろ。
(04/13 - 01:53) 瀬戸(笑)
(04/12 - 22:00) 瀬戸はトルコで通用しなかったからなぁ
(04/12 - 21:56) 監督の入れ替わりが激しい中でも各監督の構想内に入らねば
(04/12 - 21:15) メンタルは恐らくもっと上位だよ。もしかして一位化も。メンタルさえ強ければどんな逆境にあっても乗り越えられる。でも一番の敵は監督だろう。監督主導での契約でない選手はたいてい早期帰国の羽目になる
(04/12 - 20:10) ヨーロッパで括る割に、1位がサッカーの実力とか書いちゃうのが頭悪そうだな。瀬戸なんかヨーロッパで十分成功したと言えるだろ。
(04/12 - 18:59) 3は本人の努力でどうにでもなる
(04/12 - 18:28) 環境に対応するのは難しい
(04/12 - 18:20) 井手口、関根、家長、宇佐美・・・