トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2019年06月09日 - 15:27 ]

【エムバペ、PSGに退団の嘆願書を提出か。】


一部のメディアによると、4月の段階で既に退団の嘆願書をクラブに提出していた模様。当時、ネイマールの去就が騒がれていたため、この取扱いは最高機密となっていたが、ネイマール残留の公算が高まっているため、相応のオファーが届けば、エムバペの放出が進むとされている。

エムバペ獲得の本命としてレアル・マドリーが挙がっているが、資金的にエムバペを手中に収める為の資金的な余裕は全くない。マドリーは、アザール、ヨビッチ、ミリタン、ロドリゴの獲得に、2億6000万ユーロを費やしており、新たな選手獲得のために費やせる資金は、残り1億ユーロ程度とされている。ベイル、ハメス、イスコ、コバチッチ、セバージョス、ジョレンテら高額売却が期待できる選手の放出で、1億5000万ユーロの臨時収入が期待できるが、エリクセン獲得に8000万ユーロ、メンディ獲得に5000万ユーロを費やすため、エムバペ獲得まで資金を回せないとされる。

資金力でレアル・マドリーを大きく上回るマンチェスター・シティは、余剰戦力を出来るだけ高値で売却することで、当初予算を大きく上回る大量の資金を市場に投下するつもりだ。具体的にはサネ、ジェズス、ギュンドアン、オタメンディを高値売却する方針とのこと。
サネにはバイエルン、ジェズスにはユベントスがオファーをしているとか。また、オタメンディはアトレティコへの移籍を望んでおり、コパアメリカ終了後に交渉を大きく進めることに。ギュンドアンは、契約延長のオファーを蹴っており、今夏にも売却される見込み。
シティはフランス人の獲得のために、2億7000万ユーロ以上の移籍金をPSGに支払う用意があると見込まれる。ロドリゴ、アラバ、カンセロらを一挙獲得してもなお、エムバペ獲得に資金を注ぐ余裕があるようだ。

エムバペ自身は、クラブの格よりフットボールの質を重視すると語ったことがあり、戦術的なマネージメントをほとんど行わないジダンより、勝つ為の戦略を次々と打ち出すグアルディオラに教えを請いたいと考えても不思議はない。



スレッド作成者: なんとなくプレミア行く気がする (l.omQ0.aGbE)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(06/11 - 12:02) バルサはエリクセン獲らないのかな?
(06/10 - 11:32) エリクセンとか諦めればレアルの可能性もあるか
(06/10 - 02:11) なんか以前は自分はここで満足みたいなつまらんこと言ってたけど、まともな考えで安心した。サッカー界にとっていいこと
(06/10 - 01:09) マンCの話ね
(06/10 - 01:07) タイトルやバロンドール狙うならCL3連覇のジダンと無冠のグアルディオラで雲泥の差が出る
(06/09 - 20:54) 行きたいのはマドリー。でもサッカー学びたいのはシティ。って感じがする。ジダンから学ぶことって勝者のメンタリティーとかマルセイユルーレットとかそれくらいしかないが、ペップからは無限の学びを得られるだけに
(06/09 - 17:41) 早くパリ脱出してほしいわ。ネイマールやアウベスといった選手たちと一刻も早く離れてほしい。
(06/09 - 17:04) エムバペ売ったら、代替要員買えるでしょ。サネ+金銭でシティがエムバペ加入はありそう
(06/09 - 16:28) ↓よけるトゥがいる。
(06/09 - 16:01) ムバッペ抜けたらパリサンジェルマンはCLできつい 。
(06/09 - 15:30) 本人はマドリーに行きたいだろうな