トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2019年08月10日 - 00:26 ]

【はっきり言って別に日本人はレベル上がってない】


欧州移籍が増えたのは、日本人選手のレベルが上がったからではなく、ヨーロッパのスカウトの目が変わったから。昔から日本人選手は上手かった。中田みたいなフィジカルお化けこそ少なかったけど、足元上手い選手は多かった。本山とか福西とか遠藤とか石川とか、欧州スカウトの目が日本人選手を評価していなかった時代にピークを迎えていたせいで欧州でプレーできなかった選手も多かったが、全員通用したと思う。彼らが今の選手よりもレベルが低いとは思えない。俊輔や中田英は今でもレギュラー取れるだろう。



スレッド作成者: 変わったのは欧州サッカー (7GlKjxjweq.)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(08/10 - 17:56) スポルティーバで黄金世代振り返る特集あるけど、一つ感じたのは連中はかなり選民意識持ってたってこと。ドイツ大会の内紛も納得。
(08/10 - 17:55) 黄金世代とかいうメッキ世代。旗振り役の中田ですら他の世代のナンバーワンより劣る。
(08/10 - 02:39) まぁ数撃てば当たる作戦だよ
(08/10 - 02:29) 俊輔もオランダやベルギーなら無双したかも、キック制度は日本歴代最高だし
(08/10 - 01:52) 在籍選手数、出場試合数とか見れば一目瞭然なのにそれすらしないとか小学生レベルの考察だろ・・・
全然通用したと思う (08/10 - 00:37) 結局ただの推測だよな。中田とか小野が成功したのは語学がちゃんとできたからだと思う。あと西澤、小笠原、大黒とか柳沢とかあの辺はなかったことにするのか
(08/10 - 00:31) 守備陣は上がってると思う
(08/10 - 00:31) 君の主観はわかったから客観的なデータで示してくれないか