トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2019年09月06日 - 07:15 ]

【輸入小麦粉から除草剤成分検出される マクド】


日本の小麦の自給率は約14%で、多くを米国、カナダ、オーストラリア、フランスなどからの輸入に頼っている。  昨年から今年にかけて、「農民連食品分析センター」が日本国内で販売されている小麦粉やパン、パスタなど小麦製品の農薬残留検査を行ったところ、そのほとんどから農薬の成分グリホサートが検出された。国内産の小麦からは検出されていないことから輸入小麦に原因があると思われる。  一方、米国では市民団体が外食店を調査したところ、全ての店の商品からグリホサートが検出された。日本でもおなじみのドミノピザやダンキンドーナツ、マクドナルドやサブウェイなどの商品からも検出されている。  グリホサートは2015年にWHOの専門機関(IARC=国際がん研究機関)によって発がん性物質に分類され,その後米国において3件の訴訟で非ホジキシリンパ腫の原因物質として認定されている。(※8月11日にはアメリカでモンサント側にラウンドアップ使用で末期がんになった男性に320億円の支払いを命じる評決が出た。*

■原産地が「米国」「カナダ」と表示された商品からはすべて検出

 農民連食品分析センターがグリホサート残留検査を行ったのは、市販の小麦粉やパスタなど24商品、パン15商品。  検査した商品のうち、小麦粉類17商品中13商品、パスタやマカロニ4商品中3商品、シリアルやパン粉3商品中2商品からグリホサートが検出された。

 パンの場合、15商品中11商品から検出されており、全体の約7割、39商品中29商品からグリホサートが検出されている。  検査したパンやパスタには原産地が表示されていないものがほとんどだが、「有機」と明記されたマカロニ以外、米国やカナダと表示されたものからはすべて検出されている。小麦原産地が国内産であるものからは検出されていない。  この結果は、農水省が行った検査結果(2017年)とも一致している。同検査では、輸入された米国産小麦の97%、カナダ産小麦では100%からグリホサートが検出されている。

■米国の外食店調査では、15社すべてから検出。飲料からも
https://hbol.jp/200647


安倍が買い付けたトウモロコシはどうだろうね
あれを家畜が食い、お前らの食卓に
そりゃ、ビーガンになりますわ



スレッド作成者:   (DUV9y4Be.o.)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(09/08 - 07:54) トウモロコシ食ってもアカンのやからビーガンもアカンやん。阿呆なの?
(09/06 - 19:28) 福島より高い放射能が検出されてる首都を持つ国もあるよ
(09/06 - 18:36) 何だただのアベガーか
(09/06 - 18:15) 放射能と農薬なら農薬のほうがマシだわ
(09/06 - 12:41) 福島の食材食えないとか馬鹿にするアメリカも大概じゃねえかw
(09/06 - 12:41) 福島の食材食えないとか馬鹿にするアメリカも大概じゃねえかw
(09/06 - 10:06) アメリカ人もカナダ人もアウトやん
(09/06 - 09:59) アベガー
(09/06 - 07:51) アメリカ、カナダの適当さが伺える