トップページ
(負荷軽減のため省略中)


[ 2020年03月05日 - 13:18 ]

【バルサ崩壊間近】

■ 1日に行われたリーガ・エスパニョーラ第26節、レアル・マドリードとの「エル・クラシコ」において、バルセロナは0−2で敗れた。試合中、サラビア氏はジェラール・ピケが戦術の意図とは異なるロングパスを蹴った際に「くそ! くそったれなロングパスだ」と口にし、決定機を逸したアントワーヌ・グリーズマンには「もううんざりだ。いい加減ゴールを決めろよ、馬鹿野郎」と言い放ったという。
 今回の報道によると、サラビア氏の発言を快く思っていない選手は複数名いる模様だ。また、クラブもサラビア氏に対して、強いパーソナリティを持つ選手たちが集まるロッカールームに適応する努力をすること、発言のトーンを下げることを勧めているようだが、現状特に大きな変化は起こっていない。
「エル・クラシコ」敗戦によって、首位から陥落したバルセロナ。内部分裂につながりかねない火種が発生してしまった。



スレッド作成者: 問題が溢れ出てる (8AgzpxtnDMY)

このトピックへのコメント:
お名前: コメント: ID Key: IDを表示
悪質な誹謗・中傷、読む人を不快にさせるような書き込みなどはご遠慮ください。 不適切と思われる発言を発見した際には削除させていただきます。
(03/06 - 00:57) 大会というよりはコンペティション
(03/06 - 00:56) ↓こういう奴はあら探しするだけで長所、ストロングポイントは全く見ようとしないからな。ソシエダの時から見てた者からすればグリーズマンのよさをイチイチむきになって挙げるのもバカらしい。シメオネに鍛えられて守備でも貢献出来る選手だしスアレス不在という怪我の功名でメッシとの関係が開幕当初では考えられないくらい形が見えてきてる。まぁこれからだよ。ただでさえメッシ頼みのチームになり過ぎてるから二つの大会で勝つにはグリーズマン抜きでは考えられん
(03/05 - 23:51) ↓続き 打開力の低さにはホントにウンザリする。バルサの前線でドリブル能力・個の打開力皆無の選手が活躍したことなんて一度たりともないんだから失敗するのなんて明らかだったのにな。グリーズマン取るくらいならベンイェデルの方が数段バルサにはフィットするはず。グリーズマンがドリブル突破したりDFをかわしたりするのなんて大袈裟でも何でもなく一度も見たことない。流し込むシュート技術とチップキックが多少上手いだけ。動きも俊敏さは全く無いし
(03/05 - 23:42) 言ってることは至極ご最もですがね、グリーズマンの
(03/05 - 23:31) 崩壊というか、早く替えてやれば済むのかな
(03/05 - 13:41) バルサどうなる
(03/05 - 13:34) なお、メッシには何も言わなかった模様
(03/05 - 13:21) さっさとペップ連れ戻せ
(03/05 - 13:19) サラビアとかいう勘違いコーチ何様?